月別アーカイブ: 2014年7月

読みたいのは人の日記

IMGP1423

このブログはツイッターとの連携を外しました。そしたらすごく訪問する人が少なくなった。わざわざこのブログを見に来てくれたあなた、ありがとうございます。もしかしたらRSSの登録でもしてくれているんでしょうか。それはすごいことです。

***

ツイッターが出てきて、インターネット上のちょっとしたつぶやきが、ぜんぶツイッターに吸収された。世の中からどうでもいい独り言のようなブログが少なくなってきた。いや、あることはあるんだろうけれども、インターネットの奥のにいつの間にか移動させられてしまった。

リツイートやシェアで回ってくる記事は、リツイートやシェアで回ってくるようになっている仕掛けが記事の中にしてあって、そういうのばかりだと、なんかまあ読むのは飽きてしまった。外食を食べ続けていると胃もたれするのとおんなじだ。

どうでもいい日記が読みたいし、意見になっていないような意見を長文で読んでみたい。

ふくらはぎを揉む

DSC_0831

ぼくが訪問で施術に行っている患者さんが100歳になった。

家族の方が「マッサージ師さんにふくらはぎ揉んでもらっているからね~長生きだね~」なんていっている。そういう内容の本がベストセラーになった。

ぼくからすると「えっ それ関係ないです」ってところだけれども、家族の人も別に本気でぼくが施術をしているから長生きしているなんて思っていないだろう。

***

ところで、本を買った人も本気で「ふくらはぎをもむと長生きする」って思って買ってない。ひょっとしたら著者も本気で思っていないかも。出版社の人たちもぜったい思ってないだろうな。

ただ単にふくらはぎを揉むのが手軽だから、信じてないけれども、まあそういうことにしとこう、ってなって、それが広がる。