高円寺で香山哲の赤青3D展

2013-05-07 12.54.08

香山哲の赤青3Dおばけ展というのが高円寺で行われたので行って来た。
高円寺を散策するのは初めて。商店街がすごく長い。小さい飲み屋がそこいら中にあって、和民とかつぼ八みたいなチェーン居酒屋がなかった。

***

喫茶店に入ってそこにおいてある『ケトル』という雑誌の4月号を読んだ。ももいろクローバーZのリーダーにインタビューした内容。インタビュアーの「今気になっていることは?」との質問に、ライブがハードすぎて疲れが取れない、一流のアスリートはどうやって身体をケアしているのかがすごく気になる、と答えていた。

僕もその部分は気になっていた。ももクロのライブパフォーマンスなんてスポーツ選手よりもずっと大変だろう。自分のペースでできないし、第一パフォーマンス時間が長い。売れっ子のアイドルにはトレーナー的な人がついているのかと思っていたんだけれども、そんなこともないようだ。かわいそうな状態だと思う。

ももクロ治療してみたい。若い人で運動している人はちょっと手を入れるだけでも劇的によくなること多い。ましてやダンサーは自分の身体に敏感である。

***

3Dおばけ展は、大阪のシカクでみたときよりも飛び出しているように見えた。ちょっとした室内の明るさとか対象との距離でずいぶん変わる。油断すると脳が2D補正しちゃう瞬間もある。根本のところがあやふやでおもしろい。
s1-034
s1-033
s1-036

その日の終わりに香山さんのクリエイター仲間の人たちと食事会のような感じのものがあった。みんな複数のスキルを持っているのが興味深かった。イラスト+WEBデザイン、とか。編み物+プログラミング、とか。複数のスキル、というよりなにやるにしても結局IT関係のスキルがないとうまく広がらないのかな、などと思った。僕も指圧とWEBライターをやっている。

***

夜急に寒くなったんだけれども、その辺で安い古着買って羽織ればいい。高円寺って便利。

広告