「らくがき寺に、願いを込めて」DPZ

007
■らくがき寺に、願いを込めて

1月の3D展から続く関西取材シリーズ。まとめて取材できたので正直かなり助かってる…。

願いを書き上げた直後に、ノートに挟んでいたボールペンをなくしてしまったんだけれども、それがなにか仏様が願いの代償として持って行ったような気がした。…やっぱりオカルト思考に耐え切れない。

政治家や経営者が占いにハマる、というのもこのへんの心理から来ているのではないだろうか。自分一人で最適解を探すのが耐えられないのだ。

それにしても週一の開業でこんなにビビってて大丈夫か?世の中の自営業者の人たちみんな、多かれ少なかれこういうプレッシャーと戦いながら働いているんだなあ。

***
デイリーポータルに書き始めて5年目。正直息切れしている感がある。

この間好きな漫画家のエッセイを読んだら編集者に「***さんはもっと映画を観ないと感性が衰えてしまうよ、***さんが映画100本見るまでぼくは打ち合わせをしない」とかいわれていてすごくびっくりした。その人超ベテラン漫画家で人気長寿シリーズをいくつか連載している人なのにこんなこといわれるんだ…

なんかぼくもそういう仕入れみたいなことを考えた方がいいのかもな、と思って映画を観ることにした。どうせならあまり興味のない分野の映画がいいかな、と思って『アウトレイジ』である。

みたら怖い登場人物の人たちがみんな「バカヤローコノヤロー」ってビートたけしみたいなセリフをいっていて笑った。あと、ストーリーがどんどんつらい方向に行ってしまうのもなにかおもしろい感じがした。ビヨンドもみたい。あと仁義なき戦いとかも観てみたい。

広告