「100均の剣で知らない街に冒険に」DPZ

「100均の剣で知らない街に冒険に」

大学生のころなんとなくやることがなくて、ふらっと行ける知らないところに「旅」や「冒険」によく行っていた。

とくに単位も取りきって就活も終わった四年生の後半は、ヒマでそんなことばかりしていた。日曜日の早朝にさいたま新都心の方にある小さな公園に行って缶コーヒーを買って、老人たちのゲートボールを眺めていたりしていた。

若さの無駄遣い。後に何も残らない時間の使い方である。

今回は、そういうどうしたらいいかなわかんない感を楽しんでいただければと思います。よくわからなかった人は知らない街に出かけて、スマフォから再度この記事を読み直してください。

広告