「妹と道の駅になった中学校を見にゆく」DPZ

「妹と道の駅になった中学校を見にゆく」

栃木県北部にある塩谷町というところのお話。しかしこんな状況になっている町は全国にゴマンとあるのではないのだろうか。観に行っているときはなんとも思わなかったけれども、書いた記事を読み返したらだんだんと悲しくなってきた。


船生中学校に通っていた人からメールをいただいた。

斎藤さんが栃木出身なのは、以前からデイリーで知っておりましたが
まさか船生だったとは。
テニス部員がチャリ小屋から
顧問に見つからず帰るのは至難の業だったでしょうね!

そうそう、テニスコートは自転車置き場に隣接していた。だからサボるのは本当に大変だったのだ。テニスコートがなくなってしまった今、このことを知っているのはあそこに通っていた人だけになってしまった。

ふだんあんまり同郷意識なんて気にしたことはなかったけれども、このメールはうれしかった。記事をにした甲斐があったと思う。

広告