月別アーカイブ: 2012年10月

深いところの気持ち

デイリーポータルに書き始めたばかりのころは、取材中にかなり細かくメモを取っていた。ふっと思ったことを書き留めて、あとで記事の文章に使おうと思っていた。

しかし、あとでそういうメモを見返すと、おもしろいことを何一つ書いていない。
「もう疲れた」「早く終わりたい」「この取材本当に面白くなるだろうか」
とかそんなのばっかり。そういうことを書いちゃう手もあるけれども、そればっかりじゃ原稿にならない。

最近では撮影した写真を見ながら、その時の自分の気持ちを推理して一人称で書いている。
こういうやり方は一見リアルっぽくないように思えるけれども、むしろこの方がその時の自分のもう少し深いところの気持ちには迫れているような気がするのだ。行動しているときにふっと湧いてくる言葉は、それはそれで本音なんだけれども、体のコンディションとか状況判断のことに寄り過ぎている。

取材じゃなくても、本業の仕事でも同じことを思う。仕事中も「疲れた」とか「この手技で本当に大丈夫だろうか」とか「こんなことをやって採算合うのだろうか」ネガティブなことを考えることが多い。でもそれが僕の仕事に対する本懐かというとやはり違う。後で一連の手順や様子を振り返ったり、なんで自分がこんなことをしているのか、とかまで含めて考えると、これは相当自分でも信じられないような崇高な動機でやっているということに改めて気づく。

どっちが良い悪い、ということではない。でも進行中の最中にいる時には、まだ浅いところの方の気持ちにとらわれがちになる。いろいろ思い出しながらやった方がいいと思う。

パズル&ドラゴン

アンドロイドやアイフォンで遊べる「パズル&ドラゴン」というゲーム。すごくヒットしていると聴いて僕もやってみた。

ゲームはパズル+モンスター育成RPGって感じ。完成度が高くてすごく面白い。そして圧倒的なモンスターのボリューム感。数も多いんだが、上位モンスターは色数やギザギザしているところが多かったりしてとてもかっこいいのだ。ゲーム機買ってきてなにかゲームをみっちりやりたいな、と思っていたのだが、その欲が解消されてしまった。

インストールは無料だけど、途中に課金するところが出てくる。これだけよくできていると課金もやむなしって感じで、しょぼしょぼと課金しながらやっている。でも、全部そろったパッケージで5000円ポッキリ、あとは一切かかりません!ってシステムにしてほしいと思う。ゲームとして5000円くらいの価値はある。でも、もうそういうのはやらない時代なんだろうな。

ちなみにこのためにスマートフォン用の充電池を買った。イヤフォンも壊れているのでついでに買い替えようと思っている。家の中での電波状況がが悪いので早めに引っ越したい。

今こうして文章にしてみて、じわじわとからめとられていることに気付いた。

トートバッグ買ってくれた人と会えた

デイリーポータルZの10周年記念イベントに行ったら、ミツヒロトートバッグを買ってくれた人に出会えた。


会場は渋谷ヒカリエ。ヒカリエの中このトートバッグで来てくれたのか!


トートバッグにはMacbookProがちょうどよく入るという。

買ってくれた人と会えたのはうれしいような、むずがゆいような。なぜか「ほんとすいません」と何度もあやまってしまった。

しかも買ってくれたのがデザイン系の若い女性。トートバッグに手作りのかわいいバッヂをいろいろ付けていた。「ハハァ、本当におしゃれなひとはこういうアイテムを使いこなすのか…!」とうなってしまったよ。


そういうわけで、渋谷のクリエイターは必見!ジョブズも草葉の陰で喜んでいる(いない)トートバッグ。迷ってるなら買ってしまえ!踏み切れない人はお酒をたくさん飲みながら注文するとなんだかわかんないまま買えて良いですよ。
Tシャツトリニティ/斎藤充博