おれにやらせてくれ

最近「××療法ってどうなの?」とか「体が××なんだけれどもどうしたらいい?」とか相談を受けることが多い。一応自分の知識の上で一般的な無難な答えを返しているのだが、後悔することも多い。僕が一般的なアドバイスをした後、みんなすごくヘンなところに施術を受けに行ってしまうのだ。

たしかに、街中でもネット上でも、目につくところにある治療院や整体院って、あまり誠実でないものがある。最初の相談のところで「それだったらおれにやらせてください、そうそう悪いようにしませんよ」と言っておいて、自分できっちり責任もって治療すればよかった。

これからはそういう風にしようと思う。僕の力が及ばないこともあるだろうが、あんまり僕の知り合いに不誠実な施術を受けさせるよりはマシだ。

広告