少し高いハンバーグ

池袋に「KINTOKI」という大衆的なハンバーグ屋さんがあって、ボリュームたっぷりのハンバーグ定食を1000円切るくらいの値段で出していた。

先日そこに向かったら、同じ場所に新しいハンバーグ屋さんができている。どうしようかな、と思って入り口で迷っていると呼び込みの人がドリンクサービス券をくれた。まあお店は変わってしまったけれども、ここでもいいか。

店に入ってサービスのドリンクに手を付けてしまった後で気付いた。ここ、少し高いお店なのだ。ハンバーグ定食が2000円から、という値段である。

でももう、ドリンク飲んじゃったし後には引き返せない。2000円のハンバーグ定食を注文した。

2000円のハンバーグ定食はふつうの味がした。あと料理が来て気づいたのだが、テーブルがびっくりするほど狭い。

僕が食べている最中に、若い女性二人組が隣のテーブルにすわった。
「え、ここ2000円からだよ」
「うそ、ドリンクでも飲んじゃったし」
「じゃあ…これにする?」

小声でこそこそ言っている。料理が来た後は「なにこれ、テーブル狭っ!」と言っていた。

僕の考えていたこと全く同じことが、他の人の口からも出ていたのが面白い。

食べ終わった後に食べログを見たら、僕が考えていたことと全く同じ内容のレポートが5個くらいあって笑った。純度の高い共感である。

広告